唾液の臭いってどうして発生するのでしょうか。

唾液の臭いを消すためにも、そのメカニズムを知っておくことは

有益じゃないですか。

不純物などとの混じり合い

唾液の臭いが気になるのは、口の中にある不純物雑菌などと

混じってしまうためなんです。

 

正確には口の中以外にも原因があるそうですが、その割合は9:1だそうです。

ただ、唾液が臭くなる原因の割合はかなり偏っていて、

  1. 口の中の環境:90%
  2. 胃や腸の環境:9%
  3. 病気:1%

これくらい差があるんです。

 

つまり、口の中さえ綺麗にしてしまえば、

唾液の匂いが治る確率は非常に高いということです。

参考:唾液の臭いを消す方法。9割の唾の臭いはこれで解決!

 

通常分泌されたばかりの唾液には臭いがなく、無色透明です。

 

ところが雑菌や食べかすなどの汚れ、歯周病や虫歯などによる

出血や膿などと混じると臭いが生じてしまうんです。

さらに唾液が乾燥してしまうことで、洗濯物の生乾きに近い

臭いが発生します。

 

 

洗濯物の場合は離れていればそれほど気になりませんし、消臭剤を

スプレーする人もいるでしょう。

しかし唾液は常に口の中にあり、口と鼻はつながっているために

臭いが鼻について気になってしまうのです。

唾液の分泌を促すこととケアが大切

唾液の臭いを消すためには、原因となる汚れを取り去り、唾液の

量を増やすことが大切です。

というのも唾液には抗菌、消臭作用がありますから、唾液の量が

増えれば臭いの原因となる雑菌の繁殖が抑えられるんです。

 

さらに食べかすは歯と歯の間、舌の表面にもついてしまいます。

歯磨きをすれば歯に挟まった食べかすは取れますが、唾液の臭いを

消すためには舌の掃除もしましょう。

 

舌を掃除するには口の中に水を含み、下の表面をこするだけです。

あとは吐き出す水がきれいになるまでうがいをすればOKですよ。

 

もし虫歯や歯周病がある場合は、きちんと歯医者で治療を受けるのが

いいですね。

 

治療を受ければ、唾液の臭いの原因になる出血や膿に悩まされる

こともないでしょう。

特に歯周病による出血や膿は、唾液の臭いを強烈にしてしまう

原因と言われています。

 

だから定期的に歯医者に通って、口の中の状態をチェックして

もらうのもいいんじゃないでしょうか。

そうすれば虫歯の早期発見にもつながりますし、すぐに治療を

受ければ唾液の臭いに悩まされることもないかもしれません。

 

口の中のケアをきちんとすることが、食べかすや雑菌などで

唾液の臭いが発生することを防いでくれるかもしれませんよ。

 

唾液の臭いを消す方法はいろいろ言われていますが、大切なことは

根本的なケアですね。

 

口の中の清潔を意識して、唾液の臭い対策を始めてみませんか。