唾液の臭い口臭に大きな関係があることは、同じ口から発せられる

臭いと言うことからも分かりますよね。

つまりどちらかの対処法で、唾液の臭いを消すことに繋がると考え

られるんです。

原因はほぼ同じ

実は口臭も唾液の臭いも、原因はほぼ同じなんです。

病気を由来とする場合は違うこともあるんですが、雑菌の繁殖虫歯

歯周病などで起こると言うことにおいては似通っています。

 

さらに唾液の分泌量が減ることで、口臭も唾液の臭いもひどくなる

んですね。

だから口臭対策あるいは唾液の臭いを消す対策をすれば、どちらにも

効果が表れると言えるんですよ。

口が乾いて臭いが出る

口の中には300種類以上の細菌が、1000億以上いると言われています。

これだけの細菌が活性化すれば、臭いが出てくるのは分かりますよね。

 

実は唾液というのは無味無臭で、本来臭くないはずのものなんです。

その証拠に赤ちゃんの口は臭いがありませんし、おっぱいを飲んだ後

の匂いが漂う程度です。

 

しかし大人になると雑菌の繁殖が起こり、唾液の臭いへと変わって

いきます。

また人は1日に1リットル以上の唾液を分泌しているんですが、唾液の

分泌量が減ると雑菌が繁殖しやすくなって臭いやすくなるんです。

 

つまり口が渇くことで雑菌が繁殖し、唾液の臭いにつながるんですから、

ここで対策することがポイントになるんです。

口の中を潤すことで唾液の分泌量が守られ、唾液の臭いを消すことに

繋がるんですよ。

口の中を清潔にしよう

口の渇きを抑えて唾液の臭いを消すためには、口の中の清潔がポイント

です。

歯磨きはもちろんですが、舌苔を取ることも試してみてください。

 

さらに唾液の分泌を促すために、食べ物は良く噛むことストレス

溜めないことが大切です。

ストレスは口の中の渇きにもつながりますので、唾液の臭いにつながり、

さらには口臭へと移っていきます。

 

 

口の中全体が渇くと口臭もひどくなりますので、唾液の分泌量を増やす

ようケアしてみましょう。

また1日2リットル程度の水分を、こまめに少量ずつ摂るようにして

みてください。

 

水分補給目的で摂る人も多いですが、口の中の細菌を洗い流す作用

も期待できますよ。

そうすれば口臭や唾液の臭いを消すことにもつながりますよね。

 

 

口臭と唾液の臭いにはつながりがありますので、唾液の臭いが気に

なる方は一度口臭もチェックしてみるといいでしょう。

その上で口の渇きを潤し、唾液の量を増やす方法を考えてみませんか。