日本人は昔からお茶を飲んでいますが、お茶にも唾液の臭いを消す効果

が期待できるんですよ。

何故身近なお茶が唾液の臭い対策にいいんでしょうか、その理由を

見てみましょう。

抗菌作用が高い

 

お茶にはカテキンが含まれていて、高い抗菌作用があるんです。

たとえば食中毒菌に対して大きな効果が認められているんですが、

唾液の臭いを発生させる雑菌に対する効果もあると言うんですね。

 

通常の濃度のお茶エキスで検証したところ、O157の菌が3時間後

には100分の1に、5時間後には完全にいなくなったそうですよ。

いつも飲んでいるお茶の濃度より、20~40分の1ぐらい薄くても、

殺菌効果はあるという結果も出ています。

 

これは驚きですし、O157に有効なら、唾液の原因菌にも効果を

発揮してくれるって期待できますね。

虫歯予防もして唾液の臭いも軽減

それから唾液の臭いを消す対策として、虫歯予防がありますよね。

 

お茶、というか緑茶のなかにふくまれているカテキンは

歯垢をつくりにくくする作用があるみたいで

ごはん食べた後とかに緑茶でうがいをすると歯垢ができにくくなり

虫歯にもなりづらくなるそうです。

私のまわりにも虫歯で悩んでいる人が数人います。

が、まだ歯医者にいってなさそうです。

一人の人は虫歯で歯が折れたそう(笑)

お昼寝いつでもどこでも:https://blogs.yahoo.co.jp/nobinobinobita525/8973262.html

 

虫歯はミュースタンス菌が原因で起こるんですが、お茶のカテキン

にはミュースタンス菌の繁殖を抑える働きがあるんだそうです。

 

すると虫歯はできにくくなりますし、虫歯ができなければ唾液の

臭いもひどくはならないでしょう。

さらにカテキンはプラークの形成抑制効果もあると言うことで、

口の中の臭い全体に対して効果を発揮してくれると考えられるん

ですよ。

 

プラークも雑菌の繁殖を促すし、唾液の臭いの原因になるから

形成は抑えておきたいところです。

そう考えるとお茶に含まれるカテキンって本当にすごいですね。

薩摩なた豆爽風茶でスッキリ

お茶で唾液の臭いを消すのなら、薩摩なた豆爽風茶を試して

みませんか。

唾液の臭いが気になる人の多くは、口の中がねばねばしていたり、

ドロドロしていたりしますよね。

 

薩摩なた豆爽風茶は、そんな悩みを解消してくれるって言うんです。

なた豆はとっても大きいことが特徴なんですが、昔の中国の書物にも

記載があるほど効果が知られているんですよ。

 

しかも薩摩で育ったなた豆はミネラル豊富な土壌で育てられて

いますから、栄養素がたっぷり含まれているんです。

薩摩なた豆爽風茶にはほかにも黒豆やハトムギ、薩摩くず草に赤芽柏、

クマ笹や桑の葉が入っているんです。

 

鉄分やマグネシウムなどのミネラルにビタミン類がたくさん含まれて

いて、唾液の臭いを消すのにはぴったりですね。

 

お茶には高い抗菌作用だけではなく、虫歯の原因を防ぐ効果も期待

できます。

 

口の中をスッキリとさせ、唾液の臭いケアをするならぜひ取り入れて

みてくださいね。